驚き!体臭は病気のシグナル?どんな病気になるのか知る事が大切

>

大きな病気も体臭で早期発見へ

体臭だけではない!口臭も要注意

体の病気を知らせるのは体臭だけではありません。
口臭の異常も注意しなくてはいけません。

口臭は体臭に比べると、自分でも気づきやすく胃や喉の具合が悪い時には今までとは違う匂いを発します。
特に、風邪を引いた時などはわかりやすいのではないでしょうか。

口の中のトラブルだけではなく、実は臓器の異常があった時でも口臭は変わってきます。
臓器の種類や病気の違いよって匂い方は様々です。

この辺は、体臭と変わりありませんが体から発する匂いと口の中で臭っている匂いでは違和感は口臭の方があるように感じます。

酸っぱい匂いや食べ物が腐った匂い、アンモニア臭など、様々な匂いがありますがどれもいい匂いとは言えないものばかりです。
入れ歯の人が、入れ歯の手入れに失敗して少し臭うのとは比べ物にならないくらいの匂いなのです。

口臭が気になったら、まずは臓器の異常を疑いましょう。
大きな病気の場合、早期発見が重要になります。

ガンも体臭で発見できるのか

体臭はどんな病気でも発見する事が可能なのでしょうか。
胃や腎臓、肝臓など人間の体の中には沢山の臓器があります。

同様に病気の種類も多く、治療期間も病気の種類によって様々です。
大抵の人が体臭はどうして起きるのか分からないで過ごしているはずです。

大きな病気の中でもガンを発症した場合、体臭や口臭で気づくことは可能なのでしょうか。
人間の体はとても優秀で、ガンという病気でさえもきちんと体臭で知らせてくれるのです。
ですが、ガンの場合ですととても微量で人間の鼻では気づきづらく見落とす可能性が高いです。

探知犬と言って、少ない匂いでも嗅ぎ分ける事の出来る犬であればガンのにおいに気づくと言われています。
動物の方が人よりも嗅覚が進化していて、健康な人の体の臭いと病気の人の臭いの違いをよく理解しています。

体臭の段階でガンを見つける事が出来れば確実に早期発見です。
体臭については今後もまだまだ研究がされています。


この記事をシェアする