驚き!体臭は病気のシグナル?どんな病気になるのか知る事が大切

>

医療機器がない時代は体臭で診察

体臭で何の病気になっているかわかるの?

医学の発展と共に体臭が主になって診察を行う事は減りましたが、少なからず病気の発見を知らせてくれる体臭でどれだけの病気に気づくことが可能なのか気になります。

現在では、健康診断の内容にレントゲンや心電図などの機器を利用した診察が当たり前なので体臭よりも明確に病気を発見することが出来ます。

ですが、機器がない時代に体臭で病気の診断をしていただけあって体臭は病気のサインでもあります。
普段、一緒に暮らしている家族や身近な知人にならば体臭の変化にいち早く気づいてもらえる可能性は高いと感じます。

では、どんな体臭でどんな病気が発見されるのか調べてみましょう。
体臭の種類としては、甘い匂いや酸っぱい匂い、他にもアンモニアの匂いなど病気の種類によって様々です。

体臭でわかる病気の中でも糖尿病はわかりやすく、甘い匂いがすると言うのは有名です。
自分で気づくのが難しい体臭についてもっと詳しく知らなくてはいけません。

病気になっている時の体臭はどんな臭いか

体臭がする頃には病気の症状はかなり進行している可能性もあります。
体臭の場合は、自分で気づくのは大変難しくとてもデリケートな部分なので、周囲も言いづらいという点がとても厄介です。

糖尿病の人は、甘い匂いがしますが他にも臓器に異常がある場合は、どんな体臭があるのでしょうか。

胃に関しては経験がある人も多いと思いますが、胃酸の匂いを口の中などで強く感じます。
イメージとしては酸っぱい感じがします。
肝臓を悪くしている人は、黄疸などの症状の他に土の様な匂いがあるそうです。
土を詳しくいうと、泥のイメージの方が正しいかもしれません。

腎臓の場合は、尿を作る臓器でもあるのでアンモニア臭が特徴的です。
女性に多いと言われている便秘も、酷い人ですと便の匂いが体からしてしまいます。

体臭の嫌な所は、自分が気づくまでに時間がかかる事です。
普段から、体の匂いの変化などに気を配る生活も大切という事です。


この記事をシェアする